風邪をひいた時など身体が弱っている時はにんにく注射

突然鼻水やくしゃみと咳、そして体の倦怠感を訴えるのが風邪の初期症状です。
そもそも風邪を引いてしまうのは体の抵抗力が弱っているからであり、体の抵抗力を回復させればおのずと症状が重くならず短期間で完治に迎えることになります。
基本的に風邪薬を飲むことを考えますがその場合、風邪薬の中には鎮静剤が含まれているので副作用として眠気が出てしまう可能性があります。

学業や仕事をする時に集中力の欠如を起こしてしまうので休みなら問題ないですが平日に飲むのはお勧めできないです。
そこで風邪薬を飲むのではなく、平日でも体の抵抗力を上げる方法として利用者数が伸びているのが医療クリニックで行なわれているにんにく注射といえます。

注射器にんにく注射は、その名の通りににんにくに含まれている成分を抽出して液体の中に凝縮し、さらにビタミンやミネラルを添加しそれを注射針で血管から直接体に送ることです。
にんにくの成分にはまずアリインおよびアリシンは外せないものであり、これはにんにくに含まれているアミノ酸であり、あの独特のにおいの元でもあります。

このアリインおよびアリシンは強い抗菌作用があり、からだの中に入ると有害な菌に作用して増殖を防ぐだけでなく数も減らしてくれるのです。
そして体の抵抗力を落としてしまう要因には、睡眠不足や神経の乱れといったストレスが積み重なることによる疲労物質が蓄積している状態と言えます。
その疲労物質に対しても、このにんにくに含まれているアリシンやアリインは疲労物質を分解してくれるので疲労回復に役に立ってくれるのです。

さらに、にんにくの中にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、これらの成分が細胞を元気にすることで活力を戻していきます。
気になる副作用としてはにんにくなので神経の興奮作用があり不眠症になるリスクがあります。
しかし、にんにく注射はクリニックで日中のうちに打つものなので夜の眠るときには効果がなくなっているので問題はないです。

その料金としては一本平均2000円から5000円程度と割高ではあります。
その料金の理由はにんにく注射は保険適用されていないのでこの値段になるのですが、ただ一本でも強い効果を発揮するので適正価格です。
季節の変わり目で体が弱っていて風邪の初期症状を出している人間にとってお勧めの疲労回復方法と言えます。

にんにく注射をするとにんにく臭くなるのか?

にんにく注射の効果は血管に刺して直接送るので即効性が高いのが最大のメリットです。
ただにんにく注射をしたい人にとって気になるのが、実際のにんにくが強い臭いがするものであることは理解しているのでにんにく注射もにんにく臭くなるのかという点です。
にんにくが臭い理由は、先に述べたとおりににんにくの組織の中に入っているアリインが空気に触れることでアリシンになったときに独特の臭気を発するからです。
実際に強い抗菌作用があるこの成分を体に取り込んでしまうと、水分に溶けやすいためすぐに大腸から血管内に取り込まれてしまい口の息や汗から臭いが出てしまうのは事実です。

にんにく注射の場合はどうなのかというと、にんにく注射はにんにくの成分を抽出しビタミンやミネラルを添加した溶剤です。
にんにく注射はビタミンB群を構成している成分に含まれている硫化アリルという成分がにんにくの臭いを持っています。
にんにく注射でも、残念ながら血管から汗を通してにんにく臭さを感じる場合があるのです。

しかしにんにくの臭いは空気に触れることで発するものなので、そもそも加工してにんにくの臭いを分散化させているにんにく注射の場合は食べるのと違い分解が早いことを忘れてはいけないです。
血管を通して分解が早いので、仮ににおいがしたとしてもすぐに汗から全て排出され臭いはなくなります。
そのため臭いが気になるという人も、にんにく注射は問題ないということが分かるのです。

実際に臭いよりも、風邪を引き始めた段界で手を打てばすぐに治るのに時間をかけて増殖を許してしまうほうがデメリットが大きいといえます。
そこで2000円から5000円と割高ではありますが、にんにく注射を打つことで疲労回復効果をすれば風邪を重くすることを防げるので日常生活への師匠を減らせます。

おすすめ記事