通販で購入できる偏頭痛の薬を3つ解説

偏頭痛には、こめかみの周辺から眼部周囲にかけて脈打つような痛みが走るという特徴を持っています。
偏頭痛の女性痛みは片側のことが多いですが、両側部に出ることも珍しくないとされます。
偏頭痛の原因としては、血管が拡張して周辺の三叉神経に圧迫を加えることで疼痛が出ると考えられているわけです。

器質性疾患を伴わない頭痛には緊張性頭痛や群発頭痛なども知られていますが、偏頭痛は2番目に多いものとされています。
痛みの持続時間は4時間から時には72時間にわたって続くこともあり、日常生活上の深刻な支障を来たすこともありえます。
吐き気や嘔吐を伴うこともあり、動くと傷みは増悪する傾向が見られるようです。
前兆症状が先に出現する場合もあり、発作の前に視界にキラキラした光を感じたり視野の一部がぼやける、手や顔の感覚障害・発語に詰る質語勢言語障害を前駆症状が出ることもあるとされているのです。

また偏頭痛は発症しやすい特定の状況があるともされています。
慢性的なストレスや睡眠不足、助成の場合生理周期や季節の移ろいによる気圧変化やアルコールの摂取など多彩な誘発要因が指摘されているわけです。
これらはいずれも血管の収縮と拡張に関与する可能性が高い点で共通性を看取することが出来ます。

ただし一回目の発作で偏頭痛と診断することは危険とされています。
なぜならくも膜下出血や脳腫瘍等の器質性疾患を排除する必要があるからです。
特にこれまでに経験したことのないような強い頭痛や嘔吐を繰り替えず症状を自覚したときには、積極的に医療機関を受診する必要があります。
このような事情が介在して前兆のない場合でも5回、前兆のあるタイプでも2回、同様の頭痛が認められたときに偏頭痛と診断されることになります。

偏頭痛は時に強い痛みを生じるため、適切な治療で症状をコントロールすることが必要になります。
そこで発作を抑えるためと頭痛予防の為に、薬物療法によって偏頭痛の治療は行われるのが一般的です。

イミグラン、スミナット、ベタキャップの特徴

偏頭痛の薬物治療ではイミグラン、スミナット、ベタキャップなどの内服療法が行われています。
それぞれの治療薬の特徴を検討してみましょう。
イミグランはスマトリプタン系の治療薬の範疇に分類されており、主に発作時の痛みをコントロールする作用を強く持っています。
頭痛により急激に拡張された血管を収縮させたり、血管の周囲に放出された炎症性物質を抑制することで痛みを鎮めます。

スミナットはイミグランのジェネリック医薬品で、やはりスマトリプタン系の治療薬です。
偏頭痛発作時初期に服用することで、血管内壁に存在する神経伝達物質受容体を刺激して、炎症物質の放出を抑制し血管周囲の炎症を鎮めることで痛みも緩和する効果を発揮します。

これまでは血管の収縮をもたらす作用を持つ点に特徴を持っています。
偏頭痛の治療薬にはβ受容体遮断薬のプロプラノロール塩酸塩を含む高血圧治療薬が使用されることもあるのです。
時に、高血圧には偏頭痛に類似した自覚症状が出現することがあるため、血管拡張作用を持つベタキャップやインデラル等のプロプラノロール系の薬も治療に用いられているわけです。

ベタキャップはプロプラノロール系高血圧治療薬のジェネリック医薬品になる薬です。
ベタキャップの有効成分が交感神経の受容体を遮断し、心臓の心拍数を抑えて血圧を低下させることで心機能を休ませることが出来ます。
その結果偏頭痛の症状緩和にも効果を発揮するわけです。
プロプラノロール系に属するインデラルも同等の機序で偏頭痛発作時の頭痛症状を緩和します。

ただ、β受容体遮断薬のプロプラノロール塩酸塩は心臓に直接作用するので、急激な血圧低下や循環機能の変化などの副作用のリスクがあります。
服用後に動機や立ちくらみなどを感じたら、医師の診察を受ける必要があります。

おすすめ記事