逆流性食道炎とは?原因や対処、予防について解説

逆流性食道炎という病気は、胃の中にあるものが逆流して食道に入ってしまうことで、食道粘膜に炎症を起こす病気です。
逆流性食道炎の疑いがある女性胃の中は食物を消化するために強い酸性の状態になっており、胃酸によりタンパク質を分解して小腸で栄養が吸収されやすい状態に近づけます。
そのため、胃の中は強い酸性の状態に耐えられるような作りになっています。
しかし、食道は通常は酸性のものは入ってこないために、酸性度の高い胃酸などが食道に入ることで、食道粘膜に傷がつき炎症を起こします。

逆流性食道炎を起こす人は胃酸が逆流しやすいような状態になっている人ですが、健康な状態では胃酸が逆流しないような仕組みが体に備わっています。
食道と胃の接続部には下部食道括約筋というものがあり、普段は繋ぎ目が閉じている状態になり逆流を防ぎます。
食道に食物が入ると下部食道括約筋が開いて胃の中に食物が送られますが、これは一方通行になっており胃の中から食道へは通れないような仕組みになっています。

何らかの原因があるとこの一方通行の機能が保たれなくなり、胃酸や胃の内容物が食道に入ることがあります。
その結果起こる症状は食道の炎症による胸やけ感や、食欲がなくなるというものや、胸の下のほうに痛みを感じたり食道がつかえる感じがすることもあります。

こういった症状は逆流性食道炎だけに現れる症状ではありません。
体を横にした時や前屈みになって胃の中のものが食道に入りやすい状態になった時に胸やけを感じた時には、逆流性食道炎による症状の可能性が出てきます。

逆流性食道炎になるとこういった症状が一定期間続くことがあり、症状が長くなることで全身状態も悪くなっていき、やる気がなくなってきたり仕事や日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。
逆流性食道炎は胃を切除した人や高齢者に多いとされていましたが、最近では患者数が増えており、肥満や妊娠が原因の逆流性食道炎も多くなってきています。

なぜ胃酸が逆流して食道が炎症してしまうのか?

逆流性食道炎を起こす原因のひとつが胃酸の分泌が多すぎることです。
健康な状態では胃酸は必要な分量だけ分泌されるので、胃の中にはあっても食道まで逆流することはありません。
しかし何らかの原因で胃酸の分泌が過剰になると、胃の中の胃酸の量が増えるので、必然的に食道へ逆流しやすくなります。

こういった原因で起こっている逆流性食道炎の治療には胃酸の分泌を抑える薬物療法が必要になります。
胃酸の分泌を抑えて量を減らすことで逆流しにくくなり、症状が徐々に治まってくるでしょう。

他の原因としては、胃の中のものが食道に逆流することを防いでいる下部食道括約筋の力が弱まってしまうことが挙げられます。
これは高齢者など加齢によって筋力が低下してしまうことが原因で、食後に横にならないようにしたり、食べ過ぎたりしないように気をつけることが治療法になります。

原因がどちらだとしても、胃の内容物が多くなり過ぎれば食道への逆流が多くなるために、常に食べ過ぎないように食事量を調整することが大切です。
食事で気をつけることは量だけでなく内容も大切で、脂肪分が多い食事、甘いもの、刺激性の強いもの、アルコールなどは胃酸の分泌を促進させてしまいます。
食事内容に気をつけるだけで胃酸の逆流はかなり抑えられるので、逆流性食道炎になった時には食事面で気をつけていきましょう。

それ以外には食事をした後にすぐに横になると食べたものが戻ってきやすくなるのですぐに横になることは避けて、胸を締めつけるような衣類は避けるようにします。
ベルトやコルセットを使用する時には締めつけ過ぎないようにして、ゆとりをもたせて使用すると良いでしょう。
また前屈みの姿勢で症状が出る人は姿勢にも気をつけるようにします。

おすすめ記事