胃液の分泌を抑えるエソメプラゾール配合ネキシウム

胃酸は蛋白質消化酵素として栄養分の消化吸収に大きく関与しているだけでなく、強い酸性を示すため外敵から胃を保護する役割を担っています。
反面この強力な酸性を有することから、過剰になると胃の内壁を荒らしたり、びらんや傷を形成するなど胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因にもなっています。
そこでこの過剰な胃液の分泌を抑える効果を持っているのが、ネキシウムになります。

ネキシウムは有効成分にエソメプラゾールを配合している胃酸過多を改善する胃酸分泌抑制薬になります。
胃酸は胃壁に存在する酵素の働きによって分泌されるのですが、この酵素はカリウムイオンを取り込む代わりに酸(H+)を排出して胃酸が増加する構造になっています。
これがいわゆるプロトンポンプという機序になる訳です。
エソメプラゾールはこのプロトンポンプと結合して酵素活性を奪うことで、胃酸分泌を抑制します。
このような作用機序を持っていることから、胃酸過多を抑制するプロトンポンプ阻害薬と言う範疇の薬と認識されています。

ネキシウムは、十二指腸潰瘍や胃潰瘍の原因や悪化要因になっている胃酸過多を改善させる効果を持っています。
胃痛や胸やけ等の自覚症状を改善するだけでなく、結果的に胃粘膜を保護することにもなるので、潰瘍自体の改善といった多覚的所見も改善させる効果を持っているのです。

またネキシウムは、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療に使用されることもあります。
ヘリコバクター・ピロリ菌は胃酸の酸性を中和して栄養分に取り込めるメカニズムを備えています。
抗菌剤と併用する事によって胃酸過多の状態を変化させて、ヘリコバクター・ピロリ菌の増殖を抑制する作用を持っています。

ところで、鎮痛剤を服用すると胃の内壁が傷害されて胃潰瘍や胃炎を併発することもあります。
そこで低アスピリン服用中の胃潰瘍や十二指腸潰瘍を予防する目的で、ネキシウムの投与が行われることもあるわけです。

胃酸過多から胃潰瘍、十二指腸潰瘍等に使用される薬

胃酸過多から胃潰瘍や十二指腸潰瘍が発症した場合に、ネキシウム等のプロトンポンプ阻害薬の他に、H2受容体拮抗薬と言う範疇の薬が使用されることもあります。
胃酸分泌は自律神経によって調整される側面もあります。
消化管の働きなどは脳からの指令が自律神経を経由して、胃の蠕動を支配する神経に伝達されることで胃酸分泌が促されます。
ここで神経に脳の指令を伝達するのが神経伝達物質です。

関係する神経伝達物質にはヒスタミン・アセチルコリン・ガストリンの3種類があります。
これらの神経伝達物質が胃壁にある各々の受容体に取り入れられることで、胃酸分泌の指令が伝達されていくことになるのです。
中でもヒスタミンは自らH2を取り込むことで、H2受容体を活性化させて、胃酸分泌を促進させることになります。
H2受容体拮抗薬は、このH2受容体の作用に拮抗し、胃酸分泌を抑制するわけです。
H2受容体拮抗薬には、このようにヒスタミンを阻害する作用を持っているため、蕁麻疹などのアレルギー症状の治療にも使用される場合もあります。

十二指腸潰瘍や胃潰瘍では、胸やけや胃痛を引き起こします。
それらの病気の原因となる胃酸過多を抑制するにはネキシウム等のプロトンポンプ阻害薬と、H2受容体拮抗薬等が使用されているわけです。
それでは両者を比較して違いはどこにあるのでしょうか。

一般的には、エソメプラゾールなどのプロトンポンプ阻害薬の方が、H2受容体拮抗薬と比較すると胃酸過多抑制効果が高いとされています。
ただしネキシウムは肝臓で代謝される為、肝機能障害を基礎疾患に持っていると薬の血中濃度が上昇する傾向が見られます。
高齢者や慢性肝炎などの方は、服用中は副作用の出現に注意を払う必要があると言えます。

おすすめ記事