糖尿病の治療薬「グルコバイ」と「メトホル」

グルコバイは糖尿病の治療薬として有名でアカルボースの成分が含まれています。
糖尿病の初期患者や重度の人まで幅広い層に利用することができ、1型糖尿病と2型糖尿病の両方に効果を発揮することが可能です。
特に2型糖尿病には高い有効性を期待することができ、安全性が高く初めて糖尿病の治療薬を服用する人におすすめです。

中でも食後に高血糖が目立つ人に向いていて、有効的に機能するので日中低血糖になるという辛い思いをすることはありません。
αグルコシターゼ阻害薬において効果や副作用が標準レベルなので、幅広い人から支持されている医薬品です。
グルコバイの有効成分であるアカルボースは食物の糖質を分解し、ブドウ糖にする「αグルコシダーゼ」という酵素の作用を妨害することができます。

この作用によって糖質からブドウ糖の分解や吸収が遅くなるので血糖値を低く抑えることができます。
メトホルは世界で最も広く利用されている医薬品で、米国糖尿病学会や欧州糖尿病学会の治療ガイドラインにおいて糖尿病治療薬の第一選択に位置付けられている薬剤です。

メトホルの特徴はインスリン分泌促進作用がありませんが幅広い膵外作用などを併せ持っている薬剤です。
肝臓での糖新生を抑制することができ筋肉など末梢において糖利用を促進し腸管からグルコース吸収を抑えることで血糖降下作用を示します。
メトホルは長い歴史を持つ治療薬で、一時期用法や用量が一部制限されたこともありましたが、1990年代になり大規模な臨床試験が欧米において実施されました。
結果インスリン抵抗性などを改善する効果があることが確認され、服用者の乳酸アシドーシスの発生頻度が低いことも明確になりました。

副作用が比較的少なく使用実績が多いので、最善の選択肢の一つとしてあげられています。
ジェネリック医薬品でも入手することができ安価であることから多くの人が利用している治療薬です。
糖尿病の患者の中にはがんに罹患する人もいて、メトホルはがん抑制の効果もあると注目されています。

先発医薬品メトグルコのジェネリック薬がメトホル

広く利用されているメトホルはメトグルコのジェネリック医薬品になります。
メトグルコは2型糖尿病治療薬の中でも歴史のある薬で、メトグルコの有効成分のメトホルミン効果は肝臓において糖分が新たに作られることを抑制する効果がある薬です。
筋肉や脂肪組織などでの糖分利用を促進したり、小腸での糖分吸収を抑えることができます。
これらの作用から総合的にインスリンの抵抗性を飛躍的に改善させることが可能です。

特徴として肥満になりにくいことがあげられます。
メトグルコは食欲を抑える効果があるとされていて、食べ過ぎなどを防ぐことが可能です。
体重が増加しやすい肥満タイプの2型糖尿病の人に向いていて、同じような薬と比較しても体重増加を招くことがあまりないので体重を気にしている人におすすめです。

安全性が非常に高く、メトグルコがリリースした頃はいくつか副作用が問題視されていた時期もありましたが、ヨーロッパやアメリカなどを中心に大規模な臨床試験などを得て日本でも販売されるようになりました。
安全性は高いと言え、正しく服用していると重篤な副作用はほとんど起こることはありません。

また、価格が安いという特徴があります。
メトグルコは他の治療薬と比較すると価格がかなり安く、経済的負担が抑えることが可能です。
血糖値を下げる効果は強く低血糖といったリスクも低いので、コストパフォーマンスがかなり高いと言えるでしょう。

ビグアナイド薬と比較しても価格は安く、多くの人が利用しています。
メトホルはメトグルコのジェネリック医薬品になるので、同じ効果や効能を得ることができ、安価で購入することが可能です。
ジェネリック医薬品を上手に利用することで、コストを抑えることができるでしょう。

おすすめ記事