メラトニン含有の睡眠導入剤メロセットで不眠症対策

メロセットは一般的な睡眠導入剤のように強制的に眠らせるのではなく、脳内で分泌されるメラトニンという睡眠ホルモンと同様の成分で心身をリラックス状態に導いてから自然な眠りをもたらします。
多忙でストレスの多い現代社会では不眠症に悩まされている人が増加傾向にあると言われています。
よく眠れないまま夜型生活が定着するとますます症状が悪化してしまい、うつ病などを併発するリスクも高まる心配があります。

いったん不眠症に陥ると自力ではなかなか改善できなくなるのは、脳内でのメラトニン分泌量が低下するためと考えられています。
メロセットを服用して不足したメラトニンを補うことは睡眠導入と共に睡眠リズムを整えることにも役立ちます。

メロセットの有効成分でもあるメラトニンは、本来は脳の松果体というところで分泌される睡眠ホルモンで日没後から夜にかけて分泌されますが、加齢と共に分泌量が減少して行きます。
子ども時代は長時間深く眠り、歳を重ねるほどに朝早く目が覚めるのはメラトニン分泌の変化によるもので、高齢になるほど不眠症を発症しやすい原因の一つでもあります。

不眠症の改善には睡眠リズムを整えることが重視されています。
そのためには夜しっかり眠って起床後に朝日を浴びて体内時計をリセットし、セロトニンという神経伝達物質の分泌を促す必要があります。
昼間分泌されるセロトニンがメラトニンの原料になり、セロトニン分泌開始時に夜のメラトニン分泌の予約タイマーが入ると言われ、朝の体内時計リセットこそが不眠症改善のカギとなります。

メラトニンの原料となるセロトニンは別名、幸せホルモンと呼ばれています。
うつ病の原因の一つにセロトニン不足が挙げられていることもあって、不眠症とうつ病は双方が悪影響を及ぼし合う病気と言われます。
不眠症からうつ病になるケースもあれば、うつ病の症状の一つとして不眠の症状が出ることもあります。
長期の不眠に悩んでいる場合はメロセットの効能を役立てて、早めに睡眠リズムを整えておくことが大事です。

メロセットの効果効能と使用方法、副作用

メロセットは脳内で分泌されるメラトニンを有効成分にしているため、強制的な眠りをもたらす睡眠導入剤と違って穏やかな効き目で自然な睡眠に導く作用を持っています。
メラトニンは本来は脳内で分泌される睡眠ホルモンです。
加齢によって分泌量を減らすため、いったん不眠症になると正しい睡眠リズムをなかなか取り戻せなくなってしまうことから、メロセットに含まれるメラトニンで不足した量を補うことが重要になって来ます。

メラトニンを有効成分に持つメロセットは、服用後ほどなく心身をリラックス状態に導く副交感神経に作用して脈拍や体温、血圧を下げて身体を眠りに就かせる態勢へと導きます。
眠る準備が整ったことを察知した脳が自然な眠りへと引き込んでいきます。
穏やかな入眠作用で効果を発揮するメロセットは効き目が強力な睡眠導入剤と違って依存症の心配が無く安心して服用できることで重宝されており、ふだん眠れない時に役立つほか時差ボケの改善にも有効とされます。

メロセットの使用方法は寝る前の20分から60分ほど前に服用します。
個人差はあるものの1日1錠を基本として服用し、効果が感じられない場合に2錠から3錠を目安に増やします。
初めて服用する際は半錠から開始するほうが良いとされています。
飲み合わせの悪い薬や併用禁忌とされている種類も少なくないですが、持病の処方薬を服用している人は医師や薬剤師に相談する必要があります。

特にメロセットとの併用が禁じられているのは他の睡眠薬のほか抗うつ薬などです。
一部の抗生物質やホルモン剤なども併用することで肝臓でのメラトニン分解が妨げられて血中濃度が高まり、副作用が生じるリスクを高めてしまいます。

また、アルコールと一緒に服用することでも副作用が出やすくなり、他の睡眠薬と併用は相乗効果で作用が強く出過ぎることがあるので、注意しましょう。
副作用の症状では頭痛や疲労、そう痒やめまいのほか悪夢を見たり憂うつに陥ることもあるため、用法用量守って服用し何かあったら医師に相談することが大事です。

おすすめ記事